夢占い 良い夢を見た時はメモで書き綴っておき、夢占いで診断してみよう|電話占いランキング/フォーチュン炭酸クッキー

<<記事一覧へ戻る|<<夢占い トップへ戻る

良い夢を見た時はメモで書き綴っておき、夢占いで診断してみよう

朝起きた時、よく覚えていないけどいい夢を見ていた気がする。
そんな風に思ったことはありませんか?夢は睡眠時におけるレム睡眠とノンレム睡眠の繰り返しの中で見ます。
身体は寝ているけれど脳は活動している状態のことをレム睡眠といい、この状態の時に目覚めるとスッキリと起きられ、夢の内容も覚えていることが多いです。
この時に良い夢をみていると、目が覚めた時に続きをもう少し見ていたかったと思いませんか。
そんな時は枕元にメモ帳を置いておいて、目覚めた瞬間に夢の内容を書き綴ってみましょう。
こうすると今後役立つ時があります。
例えば曲を作っている人や、絵や小説など芸術的な物を作っている人の中には夢からアイデアをもらっている人が沢山います。
そういった仕事や趣味ではない人でも、印象的な夢は忘れないうちに書き綴っておいて、夢占いでその内容を診断してみるといいでしょう。
今は書店で夢占いの本を探さなくても、ネットやアプリで無料診断ができます。
良い夢は今後の運勢を良い方向へと導く予知夢かもしれませんよ。

前へ次へ
TOPへ戻る