奇門遁甲師 奇門遁甲について、漢字の読み方から教えます|電話占いランキング/フォーチュン炭酸クッキー

<<記事一覧へ戻る|<<奇門遁甲師 トップへ戻る

奇門遁甲について、漢字の読み方から教えます

占いの一種である奇門遁甲は、「きもんとんこう」と読みます。
中国に古くから伝わる占いで、方位の吉凶を占う術のことです。
日本史に詳しい方なら、日本でも平安時代に方違えという占いがあったことをご存知かもしれませんが、それと似たようなものだといえます。
また、風水の本などに、鏡を置くならこの方角、窓はこの方角、という風に書いてあることがありますが、それとも似ています。
それでは、方位の吉凶とはなんでしょうか。
おみくじ等にも、旅行は西が吉、なんて書いてあることがあります。
奇門遁甲では、恋愛や仕事、旅行など、全て人が物事を行うには、良い方位と悪い方位があると考えています。
たとえば、あなたが今日、意中の相手に告白をしようと考えているとします。
奇門遁甲によって、恋愛に良い方位を探してもらえば、告白が成功する可能性があがる、というわけです。
旅行に行って体調を崩してしまったり、引越しをしたら業績があがった、という経験は誰にでもあると思います。
奇門遁甲では、それらを方位の吉凶で説明をしようとします。
占いというより、開運術として利用するといいかもしれません。

前へ次へ
TOPへ戻る