奇門遁甲師 奇門遁甲はどういう占いか|電話占いランキング/フォーチュン炭酸クッキー

<<記事一覧へ戻る|<<奇門遁甲師 トップへ戻る

奇門遁甲はどういう占いか

奇門遁甲とは、「きもんとんこう」と読み、中国の占術です。
式占の一種で、六壬式・太乙式と合わせて三式の一つであり、遁甲式とも呼ばれます。
奇門遁甲の創始伝説によると黄帝が蚩尤と戦っていたときに天帝から授けられたとされています。
閲微草堂筆記によると、奇門遁甲の真伝は単なる占術ではなく呪術てきな要素も含んでいたようです。
どういう占いなのかというと、簡単に言うと方位術で、ある日時の吉となる方位を割り出し、その方向に旅行や営業活動をするというものです。
奇門遁甲を行うには、奇門遁甲の盤が必要で、作成しなければなりません。
奇門遁甲の盤にはいくつか種類や方法が存在します。
その中で最もオーソドックスなのが活盤式です。
これらの作盤の方式のキーワードはグルグル回転するということで、奇門遁甲には天盤と地盤があり、この天盤を作る際にグルグル廻す手法をとることから活盤式という呼び名があるのだと思います。
また、奇門遁甲には時盤、日盤、月盤などが存在し目的によって使い分けられています。

前へ次へ
TOPへ戻る