奇門遁甲師 奇門遁甲は方角を使った占いです|電話占いランキング/フォーチュン炭酸クッキー

<<記事一覧へ戻る|<<奇門遁甲師 トップへ戻る

奇門遁甲は方角を使った占いです

奇門遁甲とはキモントンコウと読み、中国が起源の占いで遁甲占いとも呼ばれます。
発祥当時は単なる占術ではなく呪術の要素も含んでおり、戦争などの戦いにも用いられ兵法としての一面も持ち合わせていましたが、現在では方位の吉凶を見定める占術として残っています。
日本には主に開運術として個人の運勢をより良くするための書籍などが発売されています。
奇門遁甲の占い方法は日時の吉方位を割り出して、その吉方位に行動を起こすと良いというものです。
例えば旅行したり、引っ越したり、プロポーズや病院治療、デートやショッピングなどを行うときにも細かく目的別に方位を選び使用できます。
奇門遁甲には開門、休門、生門、傷門、杜門、景門、死門、驚門の八つの門、八門があります。
この中で開門、休門、生門が三つの吉門、三吉門とされ、吉方位を見分ける一つの指標となります。
この八門を東、西、南、北、北東、南東、南西、北西の八方位に配置して、それぞれの八門が示す方位を目的に合わせて選んで利用します。

前へ次へ
TOPへ戻る