宿曜占星術 宿曜占星術とはどんな占いなのか|電話占いランキング/フォーチュン炭酸クッキー

<<記事一覧へ戻る|<<宿曜占星術 トップへ戻る

宿曜占星術とはどんな占いなのか

宿曜占星術とはどんな占いかというと、星占いと同じです。
星占いと違うところは、宿曜占星術には27個の星があります。
考古学者の研究によると東洋で初めて星を用いた占いです。
宿曜占星術は、月の周期を27に分けた宿と宿道を12宮に分けて、月の状態により人の性質や吉凶を占います。
宿曜占星術は、内面的、感情的な運命をみていくものです。
月の運行を中心として占います。
27宿は東西南北の4つの方向に分類されます。
分類された方角を12に分けたものが12宮になります。
さらに日曜から月曜までの7曜日による分類と七宿による分類から鑑定されます。
宿曜日占星術は1週刊の曜日の語源にもなっています。
宿曜占星術には、27宿説と28宿説があります。
27宿に牛宿を加えたものが28宿です。
最初の暦は28宿でした。
月が天球を運行する軌道を28に分類して暦を作ったからです。
牛宿は27宿星それぞれの正午の時間に必ず存在する宿星です。
牛星を使用すると災いが生じるという言い伝えがあり、牛宿の代わりに斗宿が2年連続することで暦としては28宿になりますが、占いとしては27のサイクルになります。

前へ次へ
TOPへ戻る