六星占術 六星占術における乱気の特徴|電話占いランキング/フォーチュン炭酸クッキー

<<記事一覧へ戻る|<<六星占術 トップへ戻る

六星占術における乱気の特徴

六星占術の出発点は万象学、算命学、そして陰陽学や易学までさかのぼります。
六星占術とは膨大な統計と照らし合わせながら、自然界の法則を緻密に説いたものなのです。
そして六星占術の六星とは、木星、火星、金星、水星、土星、そして天王星のことを言います。
六星占術で注意が必要なものに中殺界があります。
中殺界は乱気とよばれ、精神面でいろいろとトラブルを生じやすい時期です。
いつもだったら何も感じないようなことに対してとても敏感になって、過剰に反応してしまう傾向があります。
ちょっとしたことで感情が高ぶり、自分で自分を押さえることが出来なくなるのです。
それが原因で他人を傷つけてしまったり、機嫌をそこねてしまい、結果自分にとって大きな不利を招くことになってしまいます。
ですから、乱気に支配されているときは、自分の心を強くコントロールするように心がけることが大切です。
自分もまた周りの人たちも、予想しないような行為に走ってしまうのが、乱気の特徴なのです。

前へ次へ
TOPへ戻る